タイママのワークボックス ブログ

ブライスのカスタム、アウトフィット、樹脂小物、ボークス ネオ剛、1/6ドールについてあれこれ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
はぁーやっと終わりました。エボニーさんの植毛。
出来栄えは後回しにして、終わった終わった。
もう毛とはおさらばよ。

追加注文したウェフティングが注文した次の日には届くという、思いのほか早かったんで、多少びっくり。ちょっと休憩できるかなと思ってたりもしたんだけど。
右手の親指も腱鞘炎じゃなくて、ただの筋肉痛か?なんても思ったりもして。笑

エボニー 
全部植毛終わりました。ウェフティング開始と終了場所を透明のミシン糸で固定します。

エボニー 
真ん中に穴が開いてますね。今回意図的に開けたものではなく、前回エボニーさんにウェフティングを縫い付けていた時のつむじの穴です。こればかりはどうしょうもないのでつむじを作ります。

エボニー 
これ携帯のストラップの紐。毛の束をこれにくぐらせて一気に引き出します。結構便利。でもあまり力ずくで引っ張るとすぐ壊れますけど。

エボニー 
引っ張り出しましたー。後は裏側でウェフティングを縫い付けて完了です。

エボニー 
皆さんつむじはアイロンとかあててぺんったんこにするみたいですが、結構髪の毛のボリュームがすごくなったので(たぶん引き出す時の摩擦で)、お湯パーマをします。

エボニー 
熱湯をかけると頭皮のほうが先にやられるので、程よいお湯で60度から80度くらいかな。

エボニー 
まっすぐなストレートにしたいので、OPPフィルムで固定します。筒の中へまたお湯をジョボジョボ。冷めるまでフィルムは取りません。

エボニー 
冷めたらドライヤーで少し乾かして終了。あとは毛先をカットして、エボニーさんの頭につけます。でも、エボニーさんはあくまでも実験用なので、接着剤で頭皮をつけることはしません。たぶんマジックテープでもつけるかな。

そいうえば、完成といいつつ、まだエボニーさんの写真を撮っていなかった。笑
どんなんになるんやろー。

スポンサーサイト
2008.01.31 17:27 | ブライス|カスタム | トラックバック(-) | コメント(3) |
えー、エボニーさんの髪の毛をせっせと植毛しているのですが、全部終了してからブログにアップしようと思ったんだけどブログネタ切れでして…(失笑)、とりあえず進捗状況をぼちぼちアップしていきます。

ブライスの髪の毛をどうつけるか、今のところ主流はくさり編みでの植毛、玉止めにしての植毛、あとはウェフティングを縫い付けるくらいですかねぇ。

一番手っ取り早いのはウェフティングをざくざく縫い付ける方法で、慣れるまで大変だけど頭皮の裏表仕上がりがきれいなのはくさり編みでの植毛だと思う。

手っ取り早いときれいな仕上がり…、うーんどちらも捨てがたいです。

ウェフティングを縫い付けたら、髪の毛の生え際がすごく気になるところ。ちょっと不自然だよなー。かといって、くさり編みでの植毛はやったことないからどうなることやら…って感じなんだけど。

と、言いつつ、耐熱ウェフティング買ってもうた。

エボニー
色は写真左がブラックで右がナイトブラウン。エボニーさんにはほとんど黒に近いブラウン系を植毛しようと思って、悩んだ挙句、とりあえず両方購入。

エボニー
違う角度から色を比べてみると、光の影響もかなりあると思いますが、ブラックはほんと暗めの茶色に、ナイトブラウンはミディアムブラウンくらいの色に見えますね。この写真からいくとブラックの方が好みの色だったりしますが、実際手にすると、炭みたいな黒なんだよね。それはそれでどうかなーって感じ。

エボニー
エボニーさんの元々の頭皮です。天辺に穴が開いているのは、以前ウェフティングを縫い付けた時に作ったつむじ用の穴。今更閉じるに閉じれないので、天辺は耐熱ウェフティングの束でつむじを作る予定。ペイントもデフォルトのままです。分け目、ぱっつん前髪は作りません、のちのちいろいろアレンジしたいので。

エボニー
さーさて、どういう風に植毛しようかな。って、ウェフティング買ったんだったら縫い付ける方法しかないじゃんて感じなんだけど。でも、ウェフティングだと生え際が気にいらない!

考えてばかりじゃことが進まないので、ウェフティングのミシン目の中の超少量の束ごと慎重にほどいて、それをくさり編みで植毛してみたけど、絡まる絡まる。苦笑
ということでこの方法はあえなく却下。

他にないかなとインターネットで少し調べてみると、
「耐熱ウェフティングを縫い付ける方法ではなく、頭皮の毛穴の裏側から少しずつ引き出して植毛しました・・・・・・・・」
頭皮の裏側から?
少しずつ引き出す?

なるほど、なるほど。

要するに、頭皮の表側から、ウェフティングの超小さな束を鈎針で毛穴一つ一つから出していくってことね。ウェフティングはミシン目に沿って少量の束になっているから束を作る必要ないし、縫い付けてることにはならないので生え際もきれいってことだ。

へぇぇーーー。

このやり方は主流だったりするのかな。

まーやってみないとわからないんで、とりあえずこの方法で植毛をやっています。
半分は終わったかな。

しかし、この調子でいくとウェフティング足りないじゃん。がーーん。

・・・と、足りないということで、ウェフティング追加注文しました。
しかも、2束も。絶対1束で十分足りた気がするけど…。

エボニー
残りあと2列の植毛を残してウェフティングがなくなった。あちゃー。

エボニー
頭皮の裏側はこんな感じ。多少アホ毛らしきもんが出てますが最後にきれいに処理します。

エボニー
生え際はこんな感じ。アップヘアーもこれならGOODです。

あ~しかし、
右手の親指が腱鞘炎気味。
頭皮のゴム素材と細ーーーい毛の束との格闘だからねーーー。
ペットボトルの飲み物のふたとか親指に力が入らなくて、マジ開けれません。

でも植毛完了ももうちょっとだ。
がんばるぞー。

2008.01.29 09:17 | ブライス|カスタム | トラックバック(-) | コメント(14) |
今、暇を見つけては実験用エボニーさんの髪の毛の植毛をしております。

家事、子育ての合間を見つけては縫い縫い。

手が痛いっす。厳密に言うと右手の親指と人差し指。
この調子でやるとイカレマスナ。

あと目もおかしくなりそう。
私は超ド近眼(裸眼で両目0.04くらい)なのでいつもはコンタクトorめがねをしているんだけど、遠くが見えるように両目1.0くらいみえるようにあわせてあるので、植毛する時の接近視はなんか焦点があわず、眉間にしわを寄せてジーっと見る始末。

でも、コンタクトしないと遠くが見えないし…。日常生活に不便。

コンタクトをはずし、眼鏡に替えて、植毛する時は裸眼で、そのほかのときは眼鏡をかけてすることに。

しかし疲れる、目が。

デジカメのオートフォーカスみたいに、ピッ、ピッ、ピッと私の目が忙しく働いております。

手と同様、そのうちイカレソウです。
トホホ。



2008.01.26 11:12 | ブライス|カスタム | トラックバック(-) | コメント(0) |
実験用エボニーさんの髪の毛作ってあげることにしました。
完成までいったいどのくらいかかるんだろぅ。笑
くさり編みの植毛にするか、ウェフティングを縫い付けるか。
悩むところだ。

2008.01.24 16:02 | ブライス|カスタム | トラックバック(-) | コメント(2) |
前々から男の子ブライスに改造を計画していて、ブライスの頭にオビツのメンズボディをつけて男子ブライス(ボーイズブライス)を作っていました。でも、あんまりこのオビツボディにフィットするアウトフィットがなかったので、ボークスのネオ剛ボディに変えようと思ってました。

思ってただけで一体どれくらい時が過ぎたのか・・・。

Kei
とりあえず新しいボディをゲット。ボークス・ネオEB-BODY剛(「ゴウ」と読みます。私はずっと「ツヨシ」と読んでいました。)身長は約27cmくらいです。程よく筋肉が付いて関節が動きます。体の割には足がしょぼいので自立はちょっときついかな。

keikei
左がオビツメンズボディ、右がボークスネオ剛
比べてみると、肩の位置がかなり違います。あと首がオビツの方が細いので、ブライスの頭部をつけるときガリガリ削る必要があまりありません。両方とも首の付け根の部分がぐらぐらするので頭部をつけるにはここに一工夫が必要。オビツの手と足の方がボディの割合に対してちょうどいい大きさなのに、ボークスの方は手が少し大きすぎで足が少し小さすぎ。おしりの形も違いますね

Kei
頭部はシナモンガールです。男は日焼け肌がいいだろうということなんだけど、ボディが日焼けしてない!なので、顔だけ日焼けしているサラリーマンみたいです。頭部、そして、ボディの背中の部分のネジをゆるめて解体します。 ちょっと画像がエグイよなー。

Kei
赤丸の部分が動くのでボンドで固定します。ブライスの頭部は通常の人形よりはるかにでかいので、ここを固定していた方がぐらぐらしません。

Kei
上でも書いたように、ネオ剛の首は若干太いので赤丸のところをリューターでガリガリ削ります。多少は削りすぎ?でも大丈夫だと思います。もちろんブライスのボディをつけるとすきま風が入ってくるようになりますが。

KeiKei
左の写真、パテで盛ります。ボディの首周りと同じ大きさの円柱を作るように形を整えます。そして、パテが柔らかい状態のまま、頭部をいったん付けてみて溝の部分の型を大まかにとります。そしてパテが固まるのを待ちます。 右の写真、溝の部分がきちんとはめ込めるようになるまで、リューターで削っていきます。先を三角にしたのは、アイギミックに触るので少し削ってあたらないようにするためです。

突然のアクシデント!!!

kei
あまりにも頭部を開けたり閉めたりするので上に部分のはめ込みが取れてしまった。これでネジをつけないとカチッと閉じなくなりました。トホホホ。
kei
アイギミック、力を入れすぎて、プラスチックが取れた。あーーー、ショック!まーでも仕方ないかー。

kei
とりあえず取り付け完了。すっぽんぽんでごめんなさい。(汗)でも一応手で隠してみた。(笑)上の写真じゃ思いっきり見えてますが・・・。頭部とボディの色が違いすぎますね。(苦笑)まー、服を着せるので多少はごまかせるか・・・。そのうちエアブラシでも買ったら塗装しようと思います。ノーマル肌のブライスならボディの色にかなり近いのでは?と思いますが、試しにクラウドナインボウルの頭部の色と比べてみるとブライスの方が少しピンクがかった肌だったのでXですなー。当然ながら頭が大きすぎるのでこのままでは自立できません。でも靴を履かせるとなんとか自立可能になったりします。

さー、最後に決めショットを…。
どうでしょう、男の子に見えますかね?!
kei
えー、ちなみにこの男の子ブライスの名前は「Kei(ケイ)」です。これからちょくちょくまた出場してくると思います。

2008.01.20 08:40 | ブライス|男の子 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。