タイママのワークボックス ブログ

ブライスのカスタム、アウトフィット、樹脂小物、ボークス ネオ剛、1/6ドールについてあれこれ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あっさりクリスマスも終わっちゃいまして、
気分はもう大晦日・正月です。笑 

なにかしら切り替えの早い私です。

どっかの親父が、毎週週刊誌をかかさず読んでいるように、
私もせっせとドール本、目の保養に見ております。

Dolly Dolly vol.23

Dolly Dolly vol.23を見ていて、
おもわず、「オォォォォ!」と叫んでしまった写真がこれ。
Dolly Dolly vol.23
お人形のヘアカット大好きとかいう記事の中に、
この懐かしい写真を発見し、超うれしくなった私です。

1978年、エポック社から発売された、「ゆかいなとこやさん」
これ、私持ってました。
お人形さんの頭に直径2mmくらいの穴が無数に開いていて、
確か、人形の胴体に粘土をセットし、
台座において、レバーを回していくと、
うにょにょにょにょーーーっと無数にあいている穴の頭から、粘土の髪の毛がでてくるという。笑

かなり画期的というか、おもろいおもちゃでした。

当時は私は、保育園児とかだったきがするけど、
なんでこれを欲しがったんだろうか?かなり不思議に思います。

まぁ、その頃、リカちゃん人形を持ってて、ゴジゴジにリカちゃんの髪の毛を切りたくっていたのは記憶にあるので、それを見かねた親が薦めたのかもしれない。笑
粘土なら、切ってもまた集めて丸めてしまえば、ずーーっとつかえるもんね。

このおもちゃで遊んだ記憶も結構残っているんですが、
それ以上に、使う粘土が固すぎて(冷えすぎてって、遊んでたのは冬だった気がする。)レバーが子供の力ではまわせなかったこと。いつも私の父親に回してくれとせがんだのをはっきり覚えてます。

懐かしいなぁ。
2010.12.27 10:46 | ドール本 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。